[自己肯定感の回復] 母の呪縛を乗り越える -2

 いつもありがとうございます。

Shohkoです。

 

校長に自己肯定感の低さの原因が親子関係にある

と気づかせてもらった時、

あるアドバイスをいただいていました。

 

それは、私が変われば母も変わる、

相手に変化を起こさせるのは不可能だから

自分が考え方や見方を変えるしかないというもの。

 

また、子どもに愛情がない親なんていない。

母にもそうなってしまった理由(背景)があるから

母の立場になってその原因を考えてみなさい、とも。

 

 

正直なところ、

親になりきれていないあの人がそんな事で変わるとでも?

それに毒親化した理由なんて既に知ってる。

今さらそんな事で??

と俄かには信じられないでいました。

 

校長はうちの親のことを知らないし、

毒親に育てられていないから分からないんだ!と。

 

しかし、かと言って私に他の解決策がある訳でもなし、

教えていただいた以上は信じて実行しよう!と決め、

自分を変えるにはどうすればいいかを考えて探して

アドバイスを念頭に置きながら前回の二つの方法を試したのでした。

 

 

そして、(私の)帰省時に布団や食事を用意してくれるのは

愛情がないとできないことだよ。と言われて

改めてフラットな視点で母を見たとき、

ひどい扱いを受けた記憶に引きずられて

母を完全に色眼鏡で見てしまい、

かけてくれた愛情を無視していたことに気づきました。

 

お礼を言ったら「いちいち言わなくていい!」と言われて

・・・出たよ。もう結構です。と諦めたりとか、

スイッチが入った母に子供の頃のようにボロクソ言われて辟易とか。

 

そんな嫌なことにフォーカスして、してくれた事を無視していた。

実はとても甘えていたということに気づきました。

 

 

同時に、両親ともにコミュニケーションが下手くそで

天邪鬼な態度しか取れないことも改めて分かりました。

(以前から分かっていたけれど、子供じゃないんだから!嫌なことはやめてよ!と苛ついていました。

しかし、それしかできなかったり、そんな自分を変えられないんだと言う事がこの時に分かりました)

 

こんなあれこれに徐々に気づいて

それを素直に受け止められるようになるうちに

何を言われても蓋をせず怒らず受け止められるようになり、

言い返せるようになり、

子供の頃も辛かったと言えるように。

 

それを長い時間をかけて続けていくうちに

実は案外単純なことなんじゃないかと思い始めました。

 

 

みんな愛されたいし認められたい。

でも素直に感情が出せなくて天邪鬼になってしまう。

弱い・ダメな自分は認めたくない。 

嫌なことはなかったことにしたい。

 

 

これは私も両親も、大人も子供も、

程度の差こそあれ、みんなそう。

みんな一緒。

 

 

そして、両親が毒親と言われるものになった原因も

いい大学に行って一流企業に入る人が偉いというような社会通念に

常識とか世間の目、未だいびつに残る家制度。

「普通」と言われるあれこれの洗脳。

 

これだって多かれ少なかれ

みんな洗脳されて縛られている。

  

 

これが分かり、受け止められる(認められる)ようになると、

嫌味は天邪鬼でた!だし、

そんな事してない!は、認めたくないよねー。

と思えるようになり、とても楽になりました。

(自分にも言えることで、嫌味にイラっとするときは認めてほしい・自己承認欲求だなと思えるように)

 

 

とはいえ、まだまだ未熟なので

何でもかんでも忘れたで逃げるんじゃねぇ!

あなたの普通は私には異常!押しつけるなー!!

と未だに腹立たしく思うこともあります。

 

また、虐待以外の何物でもない

理解したところで到底許せないことも

もちろんあります。

 

でも、そこに拘るのはあまりにも生産性がないし、

許せないものは許せないままで

ひとまず置いておいていいかなと。

 

 

そんなこんなで、アドバイスをいただいてから

数年かけて自分なりに色々試して気づいていくうちに、

自分の今とこれまでの気持ちを

両親(主に母)に伝えることができるようになり、

わだかまりがなくなり。

 

そうすることで母の威圧的な態度や暴言もなくなり

私のことを認めてくれるようになりました。

 

つづく