これからについて

いつもありがとうございます。

Shohkoです。

 

インスタグラムでは少し書いたのですが

現在お借りしているサロンが今年いっぱいで閉鎖となりました。

 

このサロンは会員制で、使用できるのは審査をクリアした人のみ。

監視カメラもついていて安心というメリットがあった反面、

予約決定まで場所を公にできない

シェアして使用している為いつでも使用できる訳ではないというデメリットも。

 

そのため、突然の閉鎖連絡に驚いたものの

もしかしてこれはチャンスなのでは?

これを機に自分で場所を借りてサロンをオープンしよう!

と考えました。

 

しかし、やはり不安。

 

コロナ禍でサロンをオープンして、集客はいまいち。

売り上げはギリギリ生活できる程度で先立つものがない。

こんな状態で場所を借りてやっていけるのか。

すぐに赤字で閉店になるのではないか。

 

今年いっぱい頑張るにしても

「場所を明かせない」、「予約が取りづらい」レンタルシェアサロンで

これ以上どうやって集客を増やせばいいのか。

 

起業塾でSNSでの集客方法を学んだけれど、

もう飽和状態のアメブロやインスタで

地味な生活のセラピストが何を「売り」にできるのか。

 

自信があるものと言えばタイマッサージとルーシー・ダットン。

けれどそれを直球で打ち出してもきっと見てもらえない。

 

他にも人の役に立てることがないか考えたけれど何も思い浮かばない。

 

 

そんな時、私が講師として所属するルーシー・ダットンの学校SHCCの校長であるタイの父から

これまでの経験を出せばいい、自分を晒しなさい

とアドバイスが。

 

自己肯定感が低いどころかない状態からここまでこれたこと

軋轢があった家族との仲を修復するまで

他にも人の役に立てる経験をたくさんしているだろう、と。

 

 

辛酸は結構舐めてきたと思うけれど

決して楽しい話ではないから彼氏はおろか仲のいい友達でさえしたことがなかった。

それを突然SNSで公にするなんて。

 

しかも私にとって

自分を晒すこと、個人情報を出すこと

はこの上なく恐ろしいこと。

 

それを全部知っていてやれというのか?

 

怖いと泣いて嫌がると

何を目的に仕事をするのか

仕事を通して何がしたいのか

考えてみなさい。

 

人の役に立ちたい

仕事を通してだれかの役に立ちたい

社会貢献がしたい

ピーピー泣きながら答えていた。

 

 

そうだった。

私はお金のためじゃなく仕事を通して誰かの役に立ちたい

お金の世界で生きたくない

それなのに生活で精いっぱいで何も社会貢献できてない自分が嫌だ

その状態から抜け出す方法を教えてください。

 

年明けにこれまた泣きながら校長に頼んだんだった。

 

 

怖いから嫌というのも自分本位の思考。

誰かの役に立てる経験をしているのに、それを出さないで自分だけのものにするのか。

周りを見てもテレビやネットを見ても自己肯定感の低い人がたくさんいる。

親子関係に悩む人がたくさんいる。

校長が言う通り私の経験はきっと誰かの役に立つ。

 

そんな訳で前置きがものすごく長くなりましたが、

これから自己肯定感ゼロから自分を肯定して生きられるようになるまでの経緯

なんかをこちらのブログで書いていこうと思います。

 

本当は泥臭いところなんかは微塵も見せるつもりはなかったし、

そんな一瞬で腹を括れた訳ではなくて

やろうと決めてからも怖くて怖くて

熱出して胃痛で一晩眠れなくなったり、もう拒絶反応がすごかったけれど。

 

冷静に考えてみたら

星の数ほどある(そんなにはないか)リラクゼーションサロンの一つの

これまた平々凡々なセラピストの話をたくさんの人が見るわけもなく。

そこまで悩む必要もないかなと気づいて。笑

 

でも誰かの役に立てますように。